iPhoneSE2からiPhone13に乗り換えたらカメラが凄く良くなった気がする。

今回は、世間ではもう『iPhone14』が発売されているので、ひとつ前の型になりますが、『iPhone13』のお話をしようかな、と思います。
新しいスマホって、ワクワクしちゃいますよね!!

スポンサーリンク

なんでか私はiPhone好き

高校時代はandroid端末を愛用していました。AQUOS→京セラ→Appleといった流れで、社会人になってからはiPhoneを愛用しています。PCはWindowsですがね…

家族は皆『Google Pixel』を使っているので我が家ではApple製品は私だけが愛用中ですね、何となくデザインが好きで使い続けています。初めて使ったのは『iPhoneX』で、その次が『iPhoneSE2』そして今回は新しい機種に乗り換えてみました。

iPhone13 128GB/ミッドナイト

『iPhone13』はジョブズデザインの「側面が角ばっている形」をしています。これまで使っていたX、SE2共に「ユニボディ(側面が湾曲した形)』でしたが、私はジョブズデザインがとても好きなので迷いなくコレだ!と決めていました。

SEと13の違いはココ

見るからに違う!比較する必要があるのかは最早謎!だけどどのくらいスペックが違うのか気になる!

と、いうことで比較してみましょう。

モデルiPhone13iPhoneSE2
ディスプレイ6.1インチSuper Retina
XDRディスプレイ
4.7インチRetina
HDディスプレイ
カメラデュアルカメラシステム
12MPメイン  超広角
TrueDepthフロントカメラ
シングルカメラ
12MPメイン
フロントカメラ
ズーム.5x/1x
光学ズームオプション
1x
光学ズームオプション
バッテリー最大19時間のビデオ再生最大13時間のビデオ再生
スペックA15 Bionicチップ
6コアCPU
4コアGPU
16コアNeural Engine
A13 Bionicチップ
6コアCPU
4コアGPU
8コアNeural Engine
認証Face IDTouch ID
通信超高速の5G携帯電話通信4G LTE携帯電話通信
ボディどんなスマートフォンのガラスよりも
頑丈なCeramic Shieldの前面
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
水深6メートルで最大30分間の耐水性能
ガラスの前面と背面
航空宇宙産業レベルのアルミニウム
水深1メートルで最大30分間の耐水性能
充電MagSafe対応のケース、カード入れ、
ワイヤレス充電器などに対応
iPhone13 vs iPhoneSE2

13が何もかもが強い(当たり前)。
持って歩いた感覚は、13はサイズが大きめなのでポケットから落ちそうで怖い…、片手で操作するには私は手が小さいので親指が反対側まで届かない、うーん、でも形がカッコイイから良い。
SE2のほうが薄くて小さくてコンパクトな感じだったので、更に大きく感じますね。

13は容量が128GB/256GB/512GBと三種類あるのに対してSE2は64GB/128GBの二種類のみ。
流石にもう32GBとかはない時代なんですねぇ…64GBでも足りないナァなんて思ってしまうのに(笑)

カメラもいい感じ?

唐崎商店/チャーシュー丼

今日食べたチャーシュー丼の画像で失礼いたします!!
どうでしょう?無加工でこの背景ぼかし、しかもなんかネギが輝いて見える。
チャーシューが物凄く美味しそうに見えますよね、えぇ、とっても美味しかったです!

このように、店内の照明だけでも綺麗に撮ることができました。ちなみにこれは1xのレンズで撮っています。お米の一粒一粒が鮮明に映っていてプロ並みに上手い写真が撮れちゃいました。

スマホケースは猫ちゃんで

冒頭の写真でもある通り、SE2も13も猫ちゃんケースを愛用しています。
裏面はガラスで透明のため、Appleのロゴが見えて綺麗ですよ!

ただし、けっこうガッチリはまってしまうので、取り出しづらいのが非常に不便です。
SE2は外すときにケース裏面のガラスが割れました…

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ /

生き物と暮らすこと約12年、いつの間にかモフモフ無しでは生活できない身体に…!?
趣味はゲームと漫画集め。
FPSから乙女ゲームまで幅広く遊んでいる生粋のゲーム女子で、少年漫画が好きです。
脱・信州人したはずだけど、山が恋しい生活してます。

SShioriをフォローする
必需品電器製品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
つかぬこと