長野を飛び出して、この度出雲にやって参りました。

人生で、一回は出雲大社に行ってみたいと言い続けて何年経ったか覚えていないけど、とうとう時が来ました。

スポンサーリンク

長野から出雲に来てしまった信州人Sがこちら

山が恋しい!!!!

生涯長野…否、生涯『信州人』として生きていくのだなぁ、と思っていた一年前。しかし、ご縁がありまして、この度島根県へ引っ越しました。
なんとその移動距離780㎞、特急と新幹線を乗り継いで総移動時間数8時間半…西日本って、遠いナァ。

市役所での転居手続きを済ませて、マイナンバーの住所変更も済ませて…免許の住所も早く変えてもらわないと。引っ越しはやる事が多くて疲れますね(笑)

神在月の出雲大社

9月の出雲大社

私が引っ越してきた11月ですが、出雲では丁度『神在月』でした。
この神在月ですが、旧暦に基づいて日程が決まるため、今年は10月25日(新月)が旧暦10月1日だそうで、11月19日までが神在月と呼ばれるらしいです。

今まで何気なく迎えてきた10月と11月。しかし、こっちに来て市内を移動するにも歩行者、歩行者、歩行者、自転車、歩行者…居すぎじゃん…?人間…。

彼氏さんに聞いてみたところ、出雲大社では『神迎え神事』の真っ只中だとか。

神迎え祭と神議と神等去出祭

神迎え祭は『神迎え』と書くのだから、勿論神様をお迎えするための神事(神に関する儀式)です。
なんで神様が集まるんだろう、って思いませんか?そもそも神様って交通手段何なの?ベンツとかベントレーとかBMWとか?

交通手段なんかどうでも良くて、神様たちは「農業や縁結びにまつわる話し合い」をしに全国から集まってくると言うのです。その話し合いのことを『神議かみはかり』と言い、主として「様々な御縁を結ぶための話し合い」とも言われているようです。神様ってスゲー!

そして『神等去出祭』…いやなんて読むんだこれ。読めないよこんなの。

『からさでさい』と読むこの神事、『神等去出祭からさでさい』名前の通り「神々が去り境内を出る」などの意味合いがあり、 簡単に言うと「神々のお帰りをお見送りする儀式」のこと。

人が多すぎてまだ出雲大社の前を通る事しかできていないので、近々行けたらいいな…!

私の好きな作者さんの本が、映画化した。

ボクたちはみんな大人になれなかった/燃え殻 新潮社

『すべて忘れてしまうから』で知った作者さん、『燃え殻』さんの一冊。
11月5日に劇場公開がされたらしいので、私は久しぶりの活字を楽しんでみました。

燃え殻さんの文章は、一章一章が短く、とても読み易い。短いはずなのになぜか一文でその情景が想像できる。読み始めるとついついページを捲る手が止まらなくなってしまう程その世界に惹き込まれてしまう。

私は平成生まれで、昭和の時代のことは全くわからないが、文章でここまでリアルにその時代の風景を描写できる燃え殻さんって凄い。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ /

生き物と暮らすこと約12年、いつの間にかモフモフ無しでは生活できない身体に…!?
趣味はゲームと漫画集め。
FPSから乙女ゲームまで幅広く遊んでいる生粋のゲーム女子で、少年漫画が好きです。
脱・信州人したはずだけど、山が恋しい生活してます。

SShioriをフォローする
お散歩ぶろぐ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
つかぬこと