尾切れのデグー兄弟をお迎えした話。

この記事は約4分で読めます。

デグーとは、チリの山岳地帯が原産のデグー科に属する齧歯類である。
おもに草や樹皮、種子、果物などを食べる草食動物で体長は尻尾を含めなければ12cm~20cmほど。

野生下ではチンチラと巣穴を共にすることもあり、これ程小さい齧歯類・哺乳類としては知能がとても高いため、人間の3歳児並みとも言われている。鳴き声によるコミュニケーションを行い、鳴き声は15種類以上あるといわれている。
集中力・学習性があり、頭の良い個体であれば簡素な学習行動や芸を仕込む事が可能らしい。

ホームセンターで出会ったデグー

のえるをお迎えしたホームセンターの中のとあるペット専門店。
この子たちを初めて見たのは今年の1月下旬。まだ母デグーとともにケージに入れられ、まだまだ赤ちゃんでお母さんにぴったりと寄り添っている愛らしい5~6匹のデグーでした。
生まれたばかりだから販売できないよ、と表記されたPOPが記憶にあります。

そして、のえるのごはんやおやつを買いに訪れるたびに彼らを覗いて、あぁ大きくなったなぁ、と感じていたとある日のこと。

尾切れのデグー兄弟

いつものように、のえるのおもちゃを買いに行きつけのホームセンターを訪れたときのことです。
みんな一緒に入っていたケージが三つに分かれていたので、大きくなったからケージが別々になったんだね、とPOPを見ると・・・

【尾切れのため表記価格より値下げします】

と、一緒に書かれていた値段は隣に並ぶ兄弟の半額以下になってしまった♂のデグー二匹。

デグーの尻尾は非常に抜け・切れやすいということは、現在飼っているデグーをお迎えした当初に調べたので知っていました。
尾切れ・尾抜けと言い、トカゲとは違って一度切れて(抜けて)しまうと二度と元には戻りません。
デグーのチャームポイント、ふさふさな先っちょを持つ長い尻尾。それがないだけで半額以下になってしまう小さな命・・・耐えきれん!!

そしてつい昨日、兄弟二匹合わせて連れて帰ってきました。

尾切れと尾抜け

尾切れ、が気になって改めて調べなおしたところ・・・

デグーの尻尾は、細い骨の周りを薄い皮が覆っています。簡単に抜けたり切れたりしちゃうのです。

デグーが尾切れ(尾抜け)を起こす一番理由は、やはりトカゲなどと同じ理由だとか。
草食動物のデグーですから、野生ではもちろん捕食される側。野生のデグーの平均寿命が1~2年と短いのは天敵の食料となってしまうからだと言われています。
飼育下のデグーは6~10年と長生きしますので、野生のデグーの寿命がいかに短いかがわかります。

また、デグーの尾切れと尾抜けはまったくの別物ですからご注意くださいね。

尾切れ
その名の通り、尻尾が骨ごとスパっと切れてしまうことを言います。くっつけることも、再生することもありません。

尾抜け
尾切れとは違い、骨は切れずに周りの皮が剥けてしまうことを言います。尾抜けになってしまうと、患部を清潔に保ち、一週間前後で乾いた骨がポキっと折れるようです。

最終的には、尻尾が短くなることに変わりはありませんが、切れて(抜けて)しまった時の対処法が違ってきますので、デグーを飼おうと考えている人は必ず事前に調べた方が良いです。(当たり前ですが)

店員さんに聞いた話ですが、今回お迎えした兄弟は尾切れだったようです。
ただ、原因がハッキリとはわからないのか、回し車でケガしたのか、兄弟喧嘩だったのか、それともお世話をしている際に何かあったのかは教えてもらえませんでした。深く追及する気は全くありませんが。

尻尾が短いくらいがなんじゃい、むしろ短ささえもチャームポイントじゃい!

愛らしい顔して、人懐っこく手を追いかけて。
まだ3ヶ月のおこちゃまデグーの兄弟ですが、これからすくすくと元気いっぱいに育っていけるように飼い主頑張るからね。

すりごま・いりごま!

お店にいたときから、お迎えしたら絶対にこの名前にしようと考えていたのがありました。

顔もサイズもほとんど一緒、見分けるところと言えば毛色・・・若干の違いですが。
左側の色の薄い子が『すりごま』で濃い色のほうが『いりごま』です。

我が家のウサギさんと犬はスイーツの名前から。小動物は野菜や果物、木の実の名前から名付けています。
先住デグーは『なす』、ハリネズミは『ねぎ』、ハムスターは『涼丸(すずまる)』、そして仲間入りした兄弟は『すりごま・いりごま』のごまコンビ。

尾切れしてから1か月ほど経つそうですが、傷口は化膿しているわけでもなく、本人たちはまったく気にしていない様子。
切れたからと言って生活に支障はないみたい。ただ、1~2cmも長さが違うとお得意の木登りには支障が出たりするのかな。

先輩なすちゃん、どう思います?

・・・だよねぇ、そこにびっくりだよね。っていうか凄いガニ股だね!!
ブルーカラーのなすです。今年で3歳になりました。飼い主の足音を覚えているのか、階段を上ってくる音で反応して「ピッ、ピピピッ!」と鳴きながらケージの手前へ飛んできます。

少し臆病ですが、触れ合うのもお話するのも大好きで優しいデグーです。
少し騒がしくなるけれど、ごまコンビと仲良くしてあげてね。

慣れるまでは少し遠くの場所にケージを設置、ごまコンビの鳴き声には全く反応なしで黙々と牧草を食べていました。

定期的にブログにUPしますので、皆さんにごまコンビの成長が伝わるといいな!

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ /

生き物と暮らすこと約12年、いつの間にかモフモフ無しでは生活できない身体に…!?
趣味はゲームと漫画集め。
FPSから乙女ゲームまで幅広く遊んでいる生粋のゲーム女子で、少年漫画が好きです。
ハム様ウサ様たちと、新入りお犬様のモフモフに囲まれて生活中!

SShioriをフォローする
ゆかいな仲間
スポンサーリンク
つかぬこと
タイトルとURLをコピーしました