ダックスフンドの「のえる君」と「びすけっと君」のフードなお話です

我が家のダックスフンド君たちのごはんを買う係にいつの間にかなってしまったようですねぇ~。まぁ、ワンこさんは昔から好きなので良いのですがね!
それにしても最近のワンこさんのごはん事情って凄いことになってるんですね、専用のごはん?フードって言うんですね。

私が子供だった頃のワンちゃん達の事を思うとえらく贅沢?になったもんですねぇ~、というかは本来ワンちゃん達も食事が大切だということですね。

スポンサーリンク

なんだかんだで ロイヤルカナン ですか?

良くわからないときは有名なところの商品をってブランドに釣られてるんですけどね、ダックスフンド専用の「ロイヤルカナン ブリードヘルスニュートリション ダックスフンド 成犬用」ってヤツを買ってたんですが品切れ状態が続いていて買えない。

そろそろわが家のダックス君たちのご飯が終わりそうなのでさっさと買わないと・・・。

ロイヤルカナン ブリードヘルスニュートリション ダックスフンド

※購入先へのリンクにはアフィリエイトのタグが含まれいることがあります、リンク先での購入などから収益化を行う場合があります。

原材料
米、肉類(鶏、七面鳥)、植物性分離タンパク*、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、植物性繊維、ビートパルプ、魚油、大豆油、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、緑茶抽出物(ポリフェノール源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、K、Na、Mg、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、A、ビオチン、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス) *超高消化性タンパク(消化率90%以上)

食いつきはメッチャ良いんです!

いつも買っているところには在庫切れの表示が・・・別に違うところでも良いんですけど何かと面倒なんでチョット違う味のごはんも食べてみればという事で、それでもロイヤルカナンブランドですが。
ロイヤルカナン信者じゃないんですけどね。

ロイヤルカナンのオフィシャルサイトから購入すると7.5Kg入りが「12,890円」と結構良いお値段しているので「Rakuten 24 ペット館」から購入しています、おひとり様「5品」限りとありますがブリーダーとかやってるわけでは無いので我が家の場合は1袋あれば十分です。

大量に合っても、湿気ったり置き場所に困ったりとチョット大変なので・・・。

ロイヤルカナン ミニ インドア アダルト

【健康的な消化と良質な便の状態を維持】消化性の非常に高いタンパク質(L.I.P.*)と適切な食物繊維に加え、高品質な炭水化物が健康的な消化を維持し、糞便の量と臭いを軽減します。 *L.I.P. : 消化率90%以上の超高消化性タンパク(ロイヤルカナン調べ)

【理想的な体重を維持】室内で生活する小型犬の、低いエネルギー要求量に合わせたカロリー調整が、理想的な体重の維持をサポートします。

【L-カルニチンを配合】 

【美しく健康な被毛を維持】美しく健康な被毛を維持するために、EPA・DHAを含む栄養素をバランス良く配合しました。

ミニ インドア アダルト - ドッグフード | ロイヤルカナン
室内で生活する10カ月齢以上の小型犬の成犬専用ドライフード。原材料や成分、フードの特長をご紹介。愛犬の健康を考えたドッグフードならロイヤルカナン。

※購入先へのリンクにはアフィリエイトのタグが含まれいることがあります、リンク先での購入などから収益化を行う場合があります。

原材料
米、コーン、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、植物性繊維、酵母および酵母エキス、魚油(EPA/DHA源)、フラクトオリゴ糖、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、DL-メチオニン、L-アルギニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(Cl、Na、Ca、K、P、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ビオチン、A、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B12、B1、B2、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

なかなかの食いつき?

同じブランドのワンちゃん用のフードなので食いつきはさほど変わらないようです、1歳2ヵ月の「びすけっと君」と2歳3ヵ月の「のえる君」、「びすけっと君」は食欲旺盛で何方かと言うと「ガッツキ」タイプのお食事です、一方「のえる君」はというと「のんびり」でゆっくり食べるタイプで「びすけっと君」が横から顔を突っ込んできてもゆづってしまうぐらい心優しい「お兄ちゃんのえる君」です。

同じダックスフンドでも性格が違うところがオモシロイのですけど・・・。

フードを拒否する?

「のえる君」はたまに食事を拒否することがあります、おやつは喜んで食べるのですが何か気に入らない事があると寝床のクレートの中へ潜り込んで不貞腐れてしまいます、こういう時は30分以上フードの食器の放置が続いたら速攻で撤去させてもらいます。

食べ始めても、うだうだとフードを置いておくのはワンちゃん達にも人間にも良くないので・・・。

最後に思うこと・・・

我が家では必要以上におやつを与えたり、フードを食べないからと言って色々と違ったフードを用意したりという事はしません、これは先住の「ウサギさん」「ハムスターさん」達と同じです。

「ウサギさん」達が「牧草」を食べなくなったからといって、違ったブランドの「牧草」を用意したなんて話を聞きますが、食べるものがそれしかないと理解すると「ウサギさん」達も黙っていても食べるようになりました。

結果的にそれしかないよって理解させるってことで何とかなるようです、病気や怪我でもない限り我が家ではこのやり方ですよぉ~