この時期は 信州 小布施産 の シャインマスカットが食べられるって

毎年この時期になると食べたくなるお決まりの、信州は小布施町産「ナガノパープル」「シャインマスカット」さすがにもぎたて?取り立てのブドウ。須坂産の「ナガノパープル」「シャインマスカット」も有名ですがね。

小布施町のシャインマスカット

6次産業センターとは、小布施町振興公社が運営する小布施の農産物や特産品を扱う店で、季節の採れたて野菜や果物等がお安く手に入れることができるところです。

この「シャインマスカット」も6次産業センターで買ったモノです、商品的にはB級に入るそうですが素人の私には何が違うのか良く分かりません?というよりも美味けりゃそれがA級だろうがB級だろうが何方でも良いのですけどね。

デパートや果物屋ではチョット手に入れる事はむつかしいかもしれない「シャインマスカット」、値段もやはりここで買う方がお安く新鮮な「シャインマスカット」が食べられると思いますよ。

信州小布施は栗だけじゃないよ

信州の小布施町というと「葛飾北斎」「佐久間象山」「小林一茶」当時の一流文人たちの交流の場所にもなっていたそうです、小布施町としては歴史的遺産を活かした町づくりで北信濃地域有数の観光地になっています。※詳しくは小布施町のウィキペディアで↓

小布施町 - Wikipedia

買ってきたままの状態でも十分食べられそうなんですが・・・。
ヤッパリ綺麗に洗ってからの方が良いでしょうね、実はブドウの日持ちの良い方法って粒に枝を少し残す方が良いそうです、売られてるブドウを見ると6次産業センターの「シャインマスカット」は房になっているか粒に枝が残っているブドウしかありませんでした。

「シャインマスカット」の粒を包丁で半分に切ってみました、みずみずしくて綺麗な果肉ですねぇ~このままアイスクリームかヨーグルトにでも添えると絵になりそうです?映える?ですかねぇ~。

洗ったこの状態で冷蔵庫へ一旦避難させます、チョット冷たい「シャインマスカット」の方がより美味しく食べられそうなので・・・。

チョットお値段お高めなシャインマスカット

こちらはチョットお値段がお高くなっている「シャインマスカット」です、ブドウが房になっていいて傷がつかないように保護されてます、お土産等に持って行く喜ばれそうですね。

「シャインマスカット」の粒の方もかなり大きめで、女性や小さな子供なら一口で頬張るにはチョット大変かもしれませんけどね。

シャインマスカットの粒

このお値段高めのシャインマスカットは一口で食べるにはチョット苦しいので一粒を半分に切ってみました、普段はプレーンのヨーグルトを食べるのですがチョット贅沢にシャインマスカット4粒を半分に切ってプレーンヨーグルトの上にのっけてみました。

これがまた、甘さがよりいっそう感じられ、いつものプレーンヨーグルトが上等なお高いヨーグルトに変身ですね、これは食べた人にしか分からないかもですねぇ~マジで美味しいです!

ふるさと納税でシャインマスカットを

どうせなら節税や小布施町の応援で寄付に「なるふるさと納税」なんていかがです?

ふるさと納税とは小布施町に寄付ができる国が定めた寄付金税制のひとつです、ふるさと納税を行った場合には支払った金額の一部が所得税と住民税から控除されます。

購入先へのリンクにはアフィリエイトのタグが含まれいることがあります、リンク先での購入などから収益化を行う場合があります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ /

アラ還 Oyaji のブログです。
信州の田舎に暮らして50数年、1963年製でまだまだ使えると思いますがあちらこちらにガタがきている、所々部品の交換が必要になってきているオッサンのブログ。
Blog|おやじのぶろぐ
Blog|YanchaDo-WEB

SHUN1963をフォローする
食べ物
スポンサーリンク
つかぬこと
タイトルとURLをコピーしました